幸せだけど、と~っても大変な授乳生活

幸せだけど、と~っても大変な授乳生活 “37歳の専業主婦です。

 

1、5、7歳の子供がいて、全員母乳で育てました

 

母乳にこだわっていたわけではありませんが、全員ミルクを受け付けてくれませんでした。

 

一人目の時はアメリカで出産しました。

アメリカでの出産

ミルクが一般的なため、日本と違って、手厚い授乳指導やマッサージなどもなく、授乳がちゃんとできている自信が全くないまま、出産の翌々日に退院となりました。

 

退院してからは、右も左もわからない状態で夫と二人での育児で、赤ちゃんは抱いても抱いても泣きやんでくれずに、ほとほと困り果てました。

 

疲れ果てて、抱いて歩きまわる元気もないほどでした。

 

「これはきっとお腹が空いているからに違いないっ!」と思い、一生懸命おっぱいを銜えさせてみるも、母乳が出ている気配はなく、乳頭は裂けて痛み、授乳の時間が苦痛でたまりませんでした。

 

きっと肩も凝っていたと思うのですが、そこはアメリカ。

 

しっかり痛み止めを飲むように指導されていたので、肩凝りは気になりませんでした。

 

お医者様に言われた通りに市販の痛み止めを飲んでいましたが、後々調べてみると一般的な量の数倍を服用していたようで、後でドキッとする羽目になりました。

 

息子になにもなくて良かったです。

 

痛みはあるものの、なんとか、母乳を出さねば大変なことになると思い、ひたすらに搾乳機で搾乳(母乳は出ないのでマッサージ状態)をしていました。

 

退院から数日後、やっと母乳が出たと実感できた時には、安心感から泣いてしまいました。

 

二人目、三人目は日本で出産し、特に二人目の時は出産前からおっぱいマッサージの指導があるなど、授乳指導がしっかりしていたため、一人目の授乳期に比べればとってもらくちんでした。

 

授乳の姿勢や赤ちゃんの口の持っていき方などについても、指導をいただき、自分でも少しでも疲れないように、肩がこらないようにと気を付けていたため、痛み止めを飲まずになんとか乗り切ることができました。

 

一人目の苦労があったからこそ、二人目、三人目の時は前もって色々と準備することができたと思います。

 

” “それまで母乳が出ないことに悩んでいた授乳期でしたが、授乳が軌道に乗ってからは、反対に母乳が出すぎることに悩むことになりました。

 

授乳するタイミングを逃した時に、胸がジュワーっと暖かくなってくるあの感じ。

 

その後しばらくして、今度は使い捨てのパッドで吸収しきれなかった母乳が下着に染みわたり、ひんやりしてくる感じ。

 

そしてその匂いを嗅いで、お腹が空いてぐずりだす赤ちゃん。

 

外出している時などは本当に困りました。

 

また、就寝中はあまりに疲れていて、起き上がるのがしんどくて、寝たまま添い乳で授乳していたのですが、片方をあげている時にもう片方から吸ってないのに母乳が溢れでてきて、パッドで吸収できずに、パジャマも布団もびしょ濡れになり、結局起きて着替える羽目になったことも度々ありました。

 

疲れ切っているため、そのまま眠り続けようと試みたこともありましたが、服が冷たくてそのまま眠り続けることはできませんでした。

 

また、生後数か月たって、赤ちゃんの胃が大きくなってくると夜中の授乳は必要ないそうです。

 

むしろ、夜泣きをさせないためには夜中の授乳や抱っこはやめた方が良いそうです。

 

一人目の時はお医者様にOKをいただいた時期に夜の授乳をやめるよう試み、最初の数日は子供が泣いて泣いて大変だったのですが、その後、落ち着いて、朝までの健やかな眠りを手にすることができました。

 

一方、三人目はなかなか体が大きくならず、離乳食もあまり食べてくれません。

 

そのせいか、夜中の断乳を試みたものの、なかなか諦めてくれず、やっと諦めてくれたと思っても、夜泣きは終わりませんでした。

 

1歳9か月で夜だけでなく、昼間の授乳もやめて、授乳自体をやめたところで、やっと夜泣きが終わりました。

 

朝までぐっすり眠れなくても、そんなに疲れていないつもりでしたが、夜泣きが終わり、朝までぐっすり眠れるようになったとたん、身体が一気に楽になりました。

 

疲れていたのだなぁと、夜泣きに頑張ってた自分がかわいそうになった瞬間でした。

 

” “一人目、二人目、三人目の授乳期を合わせると約4年に渡った私の授乳生活ですが、3人目が1歳9か月になった時点でやっと終えることができました。

 

それぞれの断乳のタイミングですが、一人目は1歳4か月の時に私がお腹風邪になってしまい、とても授乳できる状況ではなく、なし崩し的に断乳となりました。

 

二人目は1歳の時に、やっぱり私がお腹風邪になってしましい、同じく断乳となりました。

 

三人目は、そろそろ断乳かなぁと思いつつも、これが最後かと思うと私も淋しくなり、なかなか断乳に踏み切れませんでした。

 

移動の時や外出先で何かあっても、おっぱいがあるというのは心強いものがありました。

 

とはいえ、三人目ともなると上の子二人の行事に連れまわされ、気づいたら「今日、そういえば授乳していない。

 

」なんて日が続き、またもやなし崩し的に断乳となりました。

 

授乳中は大好きなお酒も我慢していましたが、今はお酒が飲めるのが幸せです。

 

とはいえ、酔っぱらって疲れてしまっても育児、家事は後回しにできないため、お酒はほどほどにです。

 

母乳は母親の血とも言われます。

 

授乳期は本当に疲れていました。

 

疲れているのに気づかないほど疲れていたと思います。

 

また、授乳期は授乳時の姿勢などに気を付けていても、肩が凝ってしまいます。

 

そもそもおっぱいが通常より重くなっていますし。

 

また、授乳に割く時間も、一回の時間はたいして長くありませんが、一日で考えてみると結構な時間です。

 

授乳というのは、本当に疲れるし時間もとられるし、大変な作業だと思います。

 

それでも、赤ちゃんはとっても可愛いですし、「本当にこの子が私のおっぱい吸ってたのかしら??」とこっちが照れくさくなってしまうほど、子供の成長は早いです。

 

もう、妊娠することも、出産することもないので、私の授乳経験はこれでおしまいだと思いますが、今になってみると、子供と自分が心から密着することのできた、愛おしい時間だったと思います。

 

私のおっぱい頑張ってくれてありがとう。

 

子供たちは私のこの小さなおっぱいで一生懸命母乳を吸ってくれてありがとう。

 

子供のためにかかせない授乳の苦労について

子供のためにかかせない授乳の苦労について “私には子供が3人いますが、3人共完全母乳でした。

 

1人目の時から、おっぱいの出がよく、出産して入院中から看護師さんに関心されるほど、ありがたいことに結構な量の母乳がでていました。

 

しかし、母乳で足りていたので、哺乳瓶を使わないでいたら、哺乳瓶で飲むのを完全拒否されてしまいました。

 

なので、何か用事があって預かりたくても、次の授乳時間までには帰って来なければなりませんでした。

 

離乳食を食べるようになるくらいまでは、3時間おきにお腹がすく。

 

がほとんどだったので、本当に子供と離れてどこかに出かける。

 

ということがありませんでした。

 

しばらくすると、授乳のことを考えたり、おっぱいに気持ちがいくと、ジワーっと母乳が漏れてくるようになりました。

 

いつのまにか服が濡れていて、初めはとてもびっくりしました。

 

あとは、母乳を飲ませると反対側のおっぱいからジワーっとでてきたりしていたので、いつも母乳パットは忘れられませんでした。

 

母乳パットはちょっと母乳が染み込むと、かゆい感じがしたり、臭いが気になるので、新生児期のうちは何度も交換していたので、パンパースのように消耗が早くて、たくさん買いだめしていました。

 

家にいる時には、タオルを母乳パット代わりにして、洗い替えしていました。

 

新生児期は授乳回数も多いうえに、その後のゲップもさせなければなりません。

 

なかなか出ない時があったりで、1人目の時には出るまで頑張って背中を叩いたり、さすったり、体の向きを変えてみたりしていました。

 

なので少ししてからは、夫の協力でゲップ係になってもらっていました。

 

その頃は母乳をあげてる時間が、私のゆっくりできる時間でした。

 

つきっきりになって、バタバタしてしまう時間帯は、完全母乳だと授乳に時間がかかってしまうので、夫がゲップやパンパースを替えてくれると、とても楽になりました。

 

おかげで、家の中の仕事がはかどるようになり、子供との時間もたくさんとれるようになって、心にもゆとりができました。

 

次に、外出中の授乳についてです。

 

完全母乳の私は、哺乳瓶をたくさん持ち歩かなければいけない。

 

ということはありませんでしたが、1人目の時はなぜか、片方飲ませている間に、反対側から出たおっぱいを哺乳瓶に入れていたので、1本哺乳瓶を持ち歩いていました。

 

あとは、買い物に出かけた時には授乳室があるかをまず初めに確認するようになりました。

 

いく場所はだいたい限られてきて、近くだと3時間以内の場所に行くようになり、遠出だと私たちは授乳室が充実している、イオンに行くことが多くなっていました。

 

私たちの住んでいる地域は、大型ショッピングセンターなどがなく、子供の大きい買い物などは、2時間〜3時間かけて、イオンなどに出かけることが多かったので、なるべく行く前に授乳して、着いてからお店の授乳室で授乳するという感じにしていました。

 

たまにバタバタで、行く前に授乳できなかったり、長距離でグズってしまった時には、止まって車の中で授乳したりもしていました。

 

大型ショッピングセンターの授乳室は何部屋もあるので、何人も授乳していても、授乳スペースがあってよかったです。

 

大部屋のようなところでそれぞれ授乳する。

 

というスタイルの授乳室もありました。

 

そこでは、少し会話があったり、同じくらいの子がいるのを見ると、成長を確かめられたり、なんだか苦労を分かち合えるような感じがして、安心感がありました。

 

買い物はだいたい夫と一緒に回っていた私たちですが、授乳期間中は、授乳の時間は夫が一人で買い物して、パンパースを取り替える時は夫がやってくれたりと、分担するようになりました。

 

なかなかふだん、ゆっくり買い物などできないし、子供と離れる機会がないので、夫の協力で分担してくれると、とてもストレス発散になって、ゆっくりと買い物ができました。

 

私が知っている、大型ショッピングセンターのベビールームは、授乳室には男の人は入れませんが、それ以外はソファでミルクがあげれたりと、お父さんがあげてる方もたくさんいたので、みなさん協力してもらってるんだと思い、微笑ましくなりました。

 

” “次に母乳育児のあるあるを紹介したいです。

子どもの授乳

夜中の授乳についてです。

 

産んでから、とても大変、辛いと思うのは夜中の授乳です。

 

初めは母乳だと起き上がっておっぱいを咥えさせるだけなので、ミルク育児の泣いてからミルクを作ってという、一連の動作をするよりは楽だなと思っていたのですが、月齢進んでいくにつれ、母乳は3時間おきから4時間か5時間おきになるくらいで、朝まで1回も起きないということは全然ないのに、中には母乳でも朝まで起きない子もいるようですが。

 

ミルクは腹持ちがいいみたいで、ほとんど朝まで熟睡。

 

という話ばかりでとても羨ましかったです。

 

子供が3ヶ月をすぎたあたりからは、いちいち起き上がるのも辛くなり、添い乳といういい方法を知り、横になったまま、おっぱいをくわえさせてあげていました。

 

いくらかは楽できましたが、やっぱり夜中起こされるのは、とても辛かったです。

 

次に、7、8ヶ月くらいから自我で始めてくると、家ではいいのですが、外出先でも眠くなったり、甘えたくなると、おっぱいを飲もうと服をめくってきたりするのが厄介です。

 

場所など関係なく、めくってくるので、外出先では夫がいる時には、夫の協力で他の場所に気晴らしに連れてってもらったり、気をそらせてもらっています。

 

授乳は飲みたがるまで飲ませなさい。

 

という説もあれば、虫歯などの原因にもなるので、早めに辞めたほうがいいという説もあるので、どうしたらいいのか迷います。

 

3人子供がいる私の場合は、上2人はあまりおっぱいに執着はなかったことと、寝る時や甘える時に、おへそを触ることで安心するのか、おへそで眠っていたため、おっぱいを辞めるのはそんなに時間がかからず、すんなり辞めることができました。

 

しかし現在3人目授乳中で、とてもおっぱいに執着があり、1歳半の今でも眠い時や、少しでも暇があるとおっぱいをほしがります。

 

授乳のやめ時は、何人育ててもわからないし、本当にそれぞれなんだなとおもいました。